コラーゲンとエラスチン

コラーゲンとエラスチンは、肌のハリや弾力を保っている大事な存在です。
この2つは年齢を重ねる度に減っていきますので、たるみやシワを肌にもたらしてしまいます。
特に30代後半になっていくと、これらが著しく減少していってしまいます。

年齢肌になってくると、肌に力がなくなってしまいます。
肌がたるんだりシワになったりが、悩みになってしまいますよね。
それらに打ち勝つ為には、コラーゲンとエラスチンを摂取するようにしましょう。



紫外線による肌老化

紫外線は、若い時に浴びてしまった物が肌の中で蓄積し、年齢を増してきてから徐々にその猛威を発揮してしまう、とても嫌な存在です。
年齢肌になると発揮してきますが、それに拍車を掛けないように紫外線対策をしましょう。

年齢肌は肌が衰えてきているので、紫外線の力を簡単に吸収してしまいます
。 どんどん肌質が落ちていってしまいますので、ぬかりない紫外線対策をしましょう。

お出かけの際は、赤リップの旬顔メイクに合わせて必ず紫外線対策をしましょう。
お買い物やちょっとしたお出かけには、SPF20程度で十分です。
それにプラス、紫外線効果のあるファンデーションを付けていくとなお良いでしょう。

年齢肌になったからといえ、紫外線対策は必要ないとは言えません。
年齢肌だからこそ、より一層の紫外線対策が大事となります。
これ以上シミ等の色ムラを増やさない為に、毎日の紫外線対策をきちんとしましょう。

乾燥させない!

年齢肌になっていくと、どんどん乾燥肌度が増して行きます。
化粧水を付けていても、肌の土台はインナードライになっている事があります。
肌の上っ面がしっとりしていても、全くの乾燥肌状態になっている事がありますので、注意が必要です。

スキンケアをしても、どうも肌の乾燥が早い、カサカサする等の事がある方は、完璧なインナードライと言えるでしょう。

インナードライを防ぐ為には、肌の土台から水分を与えてあげなくてはいけません。
肌の土台にあるセラミドは、年齢を増す毎にどんどん減っていってしまいます。
セラミドが無くなると、肌の土台に水分を蓄える力が衰えてしまいます。
インナードライを防ぐ為にも、セラミド配合のスキンケアを使ってあげましょう。

セラミド配合のスキンケアは、合成と天然があります。
合成は安価ですが、あまり肌に響きません。
きちんとした土台保湿をしたい方は、天然のセラミド配合のスキンケアを使ってあげましょう。

スキンケアは温めて肌に乗せよう

年齢肌になると、化粧水等のスキンケアが上手く肌に馴染みづらくなってしまいます。
その為、肌に浸透しやすい方法で付けてあげる事が大事と言えるでしょう。

スキンケアは、冷たいと浸透しにくい特徴があります。
年齢肌にすっと浸透させる為に、温めて付けてあげるようにしましょう。

まずは、暖かい環境でスキンケアをする事。
寒い場所ではやらず、暖かいお部屋でスキンケアをするようにしましょう。

化粧水等を冷蔵庫に入れて保管し、冷たい物を肌に付けると気持ちいい!と思われる方が居ます。
特に、暑い夏場等、このような事をされる方が居ますが、肌には浸透しにくい事を覚えておきましょう。

化粧水等のスキンケアは、1度手の平でインターバルを取り、人肌に温めてあげましょう。
より一層温める方法として、レンジでチンする方法があります。
小皿に適量のスキンケアを乗せ、レンジで数秒チンするだけです。
熱くない事を確かめてから、肌に乗せてあげましょう。
温かくしたスキンケアを肌に乗せてあげると、その浸透力に差が出ますよ。
乾燥肌の方は、是非チャレンジしてみましょう。

化粧水は一気に付け過ぎない

化粧水を、一気人顔にパシャっと付ける方が居ますが、この方法ですと量の分を肌に全部浸透させる事が出来ないと言われています。
幾分か下に流れてしまう事があるので、意外と効果が薄いと言われています。

化粧水をきちんと肌に付けてあげる方法として、回数に分けて付ける方法があります。
少し少な目の量を1回とし、3回位に分けて顔に付けてあげると、下に流れ落ちる心配もないので綺麗に浸透させる事が出来ます。
肌がモッチモチになる事もありますので、とても効果的です。

ちょっと面倒にも思えるかもしれませんが、是非やってみましょう。